スイス国際アルプホルンコンクールへの参加 2017/07/14-252017年08月04日 06:19

 スイスの南西部にあるナンダ(NENDAZ)という町へ、コンクール参加目的で出向きました。この町のエリアは、スイス国内でもフランス語圏となります。そのためか、アルプホルンの表現方法も繊細かつ高度なテクニックを使ったものでした。玉川アルプホルンクラブのコンクール結果は、入賞とはなりませんでしたが、ドイツ、フランス、アメリカ等各国の参加者の高度な演奏を聴けたり、スイスの文化(ヨーデル、牛の行進、旗振りパフォーマンス、踊り等)も見ることができ、とても楽しく勉強になりました。
  また今回は、岐阜のみのかもアルプホルンクラブ、長野の諏訪アルプホルンクラブのメンバーもともに巡りました。
コンクールでの演奏の様子(ナンダ)

参加者全員での合同演奏(ナンダ)

地元ナンダのグループと共に演奏も行いました。(ナンダ)


 コンクールに参加する前に、ゆかりのあるスイスの各地を巡りました。ウンテリベルクでは、アルプホルンやスイスアコーディオンの講習会を行い、またオットーさんのアコーディオン工房の訪問、エシュルマットではアルプホルン奏者のスチューダさんとの再会、エンゲルベルクではベンクリアルプという名のホテルに宿泊、イタリア語圏のテチーノで家具屋さんが作るアルプホルン制作作業状況を見学及び地元の方々の歓迎会に参加等、もりだくさんの行程でした。
 また、今回の旅の様子をスイスのテレビ局がドキュメンタリーとして撮影を行いました。今後その編集ののち、作品として公開されるとのことです。

アルプホルン講習会(ウンテリベルク)

スイスアコーディオン講習会(ウンテリベルク)

オットーさんのアコーディオン工房にて(ウンテリベルク)


エシュルツマットでのスチューダさんとの再会


アルプホルン制作工房の見学(テチーノ)


地元の方々による歓迎会(テチーノ)


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このアルプホルンクラブの名称の前につく川の名前は何

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tamagawa-alphorn.asablo.jp/blog/2017/08/04/8639668/tb