本場スイスのアルプホルン情報2014年08月31日 19:29

今回は、スイスのアルプホルン情報です。
なお、この情報のご提供は、全国手作りアルプホルン連盟に加入している「那須アルプホルンクラブ(上田さん)」からのものです。


●スイス製のアルプホルン、マウスピース等の購入情報
スイスのアルプホルンメーカーは、以前良く知られていたところは「ストッカー社」でした。しかしながら工場を閉鎖してしまったようで、現在は購入することはできなくなっています。
そこで、今回はBernatone社のご紹介です。
Bernatone社は、インターラーケンから車で15分程にある村にあります。その工場では、アルプホルンはもとより、マウスピース、アルペンサックス(木製)を製造、販売しています。詳しくは下記HPを参照して下さい。
http://www.bernatone.ch/index.html
なお、Bernatone社へ日本から直接購入しようとすると、日本からの外貨送金手数料が高額となってしまいます。それを回避するためには、何らかの工夫が必要になります。



●スイスにおける、アルプホルンのネットワーク、演奏活動などの情報
スイスアルプホルンアカデミーの紹介。アルプホルンの普及、演奏活動などに取り組んでいる団体。
下記のHPで詳細が記載されています。
http://www.alphorn-academy.ch/index.php


今後もアルプホルン関連情報や、レントラーミュージック等の情報も適宜掲載していく予定です。

コメント

_ 市川和郎 ― 2017年03月09日 20:18

2017.3.9現在のStocker社情報です。

Stockerさん本人と直接電話ですので、正しい情報です。

1台とマウスピース数個注文したところ、1週間程度で発送してくれるそうです。
2013.12の購入時と全く同じです。
(スイス発送後、6日目に山梨の我が家にやって参りました。)

時期は?ですが、「引退して、会社経営がかわって・・・・・」だそうです。

梱包は、ほどくのに苦労するほど完璧すぎでした。大きなまるで棺桶のような大きさの分厚い段ボールの箱
楽器は、管毎にスポンジで丁寧に包まれておりました。
Ges用の3番管も注文したのですが、真鍮のジョイント部径に微妙な違いの5種類あり、サンプルを事前に送ってくれまして、
Stockerさんのお人柄も感じたところです。

楽器は購入可能ですので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※Bernatone 直接出向いて購入してきた方を知っております。
  吹かせていただきましたが、やはりすばらしい楽器でした。
  facebookやyoutubeにも出ておりますね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このアルプホルンクラブの名称の前につく川の名前は何

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tamagawa-alphorn.asablo.jp/blog/2014/08/31/7425551/tb